今すぐお金を借りる方法のヘルプ!

急な出費でおサイフがピンチ!
でも手元にお金がない!

そんな事態に陥ることもありますよね。
そんなときキャッシングでお金を借りるというのが一つの解決策です。

消費者金融は計画的に利用

借金はなんだか怖いイメージ・・・。そんな声もありますが、計画的に利用すれば大丈夫。必要最小限だけ借りるようにしましょう。
さらに無利息期間などを上手に利用すれば、キャッシングは今すぐお金が必要なあなたの強い味方になってくれることでしょう。

急ぎならスマホから

急ぎならスマホから

今すぐお金を借りる方法としては、スマートフォンを使った申込みがオススメです。
「どうしても今すぐお金が必要」というときには力強い味方です。

そして、銀行のカードローンでも審査が早くなってきていますが、やはり一番早いのは銀行系の消費者金融のキャッシングサービスです。

銀行系の消費者金融とは、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム、そしてモビットの3つです。
そして、今すぐお金を借りるための手続きの流れは、次のようになります。

スマホから仮審査の申込み

オペレーターからスマホに本人確認

本審査に必要な書類のお知らせ

必要書類の写真を撮ってスマホで送付

本審査結果の連絡

あなたの口座に現金振り込み

または

無人契約機でカードを受取ってキャッシング

スマホからの申込みは手続きが早く進むので、審査も早くて会社によっては即日でお金を借りることだって出来るのです。

対応に出てくるオペレーターに「今すぐお金が必要」だということをしっかり伝えることが重要です。

銀行系の消費者金融がオススメ

銀行系の消費者金融がオススメ

銀行系の消費者金融がオススメの理由は、自分が使っている銀行の消費者金融だと、申し込んで審査に通って手続きが完了したら、そのまま自分の銀行口座に降り込んでもらえるからです。

オススメの銀行と消費者金融の一覧は以下のようになります。

三井住友銀行を使っているなら「プロミス
三菱東京UFJ銀行を使っているなら「アコム
ジャパンネット銀行を使っているなら「ジャパンネット銀行
楽天銀行銀行を使っているなら「アコム
ゆうちょ銀行を使っているなら「アコム
auユーザーなら「じぶん銀行」
どこがいいか迷ったらプロミス

今すぐ借りれるおすすめランキング


プロミスで今すぐお金を借りる プロミス
プロミスで今すぐお金を借りる 金利: 4.5~17.8%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短1時間融資も可能
特徴: Web契約なら最短1時間融資も可能!
メアド登録とWeb明細利用で30日間無利息!
スマホからWEB契約可能!必要書類の提出もメールでOK!来店不要!
<平日14時過ぎでもその日に借りれる>
急ぎの借り入れは店舗数の多いプロミスがオススメです!ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機に行って、22時までに契約完了すればその場で借りられます。WEB契約なら最短1時間融資も可能!
<土日祝日に即日借りたい場合>
平日と同じく、22時までに契約完了すれば、土日でもそのまま借り入れ可能です!
※自動契約機でカードを受け取れば、基本的に自宅に郵送物は届きません!
<自動契約機とは?>
自動契約機とは、プロミスの店舗や三井住友銀行のATMの隣にある小さなボックススペースのことです。22時(一部21時)まで利用可能!
女性オペレーター希望の方はコチラ

プロミスで今すぐお金を借りる

プロミスの公式サイトはコチラ


アコムで今すぐお金を借りる アコム
金利: 3.0~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: ネットで契約まで可能!
特徴: はじめての方なら最大30日間金利0円!
最短30分で審査回答!さらに最短1時間振込みも可能!
いつでも返せて、利息は利用した日数分だけ!
ネットで24時間お申込みOK。
むじんくん(自動契約機)に行けば22:00までその場でカード発行!即借りらる!

アコムで今すぐお金を借りる

アコムの公式サイトはコチラ


ジャパンネット銀行で今すぐお金を借りる ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行で今すぐお金を借りる 金利: 2.5~18.0%(ご利用限度額で異なります)
利用限度額: 10万円から1,000万円
融資: 当行の口座を持っていなくても同時に申込みできます。
特徴: 何度でも30日間無利息。
【世帯に安定した収入があればOK!】
申込時の年齢が20歳以上、70歳未満の人まで利用できる年齢層が広いです。
初回借入日から何度でも30日間無利息です。
ジャパンネット銀行はネット専業の銀行です。

ジャパンネット銀行で今すぐお金を借りる

ジャパンネット銀行
公式サイトはコチラ


アイフルで今すぐお金を借りる アイフル
アイフルで今すぐお金を借りる 金利: 4.5~18.0%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短30分で審査完了!即日融資も可能!!
特徴: 「配達時間えらべーる」を利用すれば希望の時間帯にカードを受け取れるので家族に内緒で借入れ出来る!
パート・アルバイトなどで定期的な収入があれば申込みできます!
1,000円から買い入れ可能で、利用限度額は500万円なので、幅広い買い入れが可能です!
カードの受け取り方法は、自宅への郵送(「配達時間えらべーる」がおすすめ)、または全国のアイフル無人契約でんわBOX「てまいらず」で受け取るか、どちらか選べます。

アイフルで今すぐお金を借りる

アイフルの公式サイトはコチラ


モビットで今すぐお金を借りる モビット
モビットで今すぐお金を借りる 金利: 3.0~18.0%
利用限度額: 限度額800万円
融資: 最短即日利用可能 (申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
特徴: スマホからも利用可能!WEB完結申込!
電話連絡なし・郵送物なし!
WEB完結申し込みなら、ご利用開始までがスピーディー!
ネットで24時間お申込みOK。
振込みキャッシングの審査お手続き後、お客様の銀行口座へお振込み!

モビットで今すぐお金を借りる

モビットの公式サイトはコチラ

始めてのお金の借り方

始めてのお金の借り方

どうしてもお金に困ったら、現金が必要だと思ったら、キャッシングをして借りるのも悪い方法ではありません。
本当にお金の悩みが尽きず、努力を重ねてもお金の問題が解決しない場合、現金を借りるのもいいでしょう。

いくら努力しても、お金は欲しいものです。
1000万円とはいかなくとも、100万円、20万円、30万円、50万円と、欲しい金額はさまざまですが、人にはおカネが必要なものです。

金貸しの使い方

お金をかりるには、クレジットカードでキャッシュを得る方法と、フリーローンでキャッシングする方法があります。
フリーローンはいわゆるサラ金です。ですが、ビジネスで貸付を行っているため怖いものではありません。

あなたがおかねをためるまで、稼げるようになるまで待つのではなく、ただちにお金を貸してもらえるようになるものです。
使う・使わないは別として、カードを一枚持っていてもいいのではないでしょうか。

みずほ銀行やろうきんなどでもカードローン業務を行っていることを知っておいて下さい。

貸し借りが簡単という闇

貸し借りが簡単という闇

友人・知人や両親・兄弟などの身内から肩代わりしてもらうより、今日借用できて使い道も自由な金貸し屋、つまり消費者金融のほうがお金に困ったときには心理的にも自分自身への口実も作りやすいです。

でもお金を借りる世界にはどこかにヤミがついてまわります。

トラブルを避けてお金を借りる条件のひとつが延滞をおこさないことでしょう。
延滞を起こしてしまうと、ブラックリストに記載されて信用情報が傷つき、それ以上借り入れができなくなってしまいます。
ですが、きちんと返済していれば、滞納がない限り資金を上手に調達できます。

担保(例えば車など)が不要という情報

担保(例えば車など)が不要という情報

貸してくれるのには担保も必要なく、保証人も不要ですし、不動産などを準備する必要もありません。
返金するのには利息と元本だけでいいのです。最初の30日間は無利子という会社もあります。
緊急であっても確実に、安全にお金を借りることができますので、カードローンは非常にオススメです。

借り過ぎが無いように計算する

借り過ぎが無いように計算する

だけど、かりるときには注意してください。
中でも高金利の会社は審査が甘いため、ついつい借りすぎてしまうのです。
2chの借金生活板でも話題になりますが、ピュアな人ほど借りすぎてしまうので注意が必要です。
特にフリーターやフリーランスでもお金が借りられるので、ついつい、稼ぐことよりも借りることに意識が向きがちです、

信用の履歴を作る

信用の履歴を作る

自己管理をしっかりして、自分に言い訳をしないで返済をしっかりしていれば、仕事以上にカードローンは社会的な信用につながります。

お金が貯まるのが待てない方、時間がない方は、カードローンを借りてみるのがいいでしょう。
小遣いにしてもいいですし、学生だったら生活費や学費につかっても構いません。
株の損失を補填するのでも大丈夫です。

勉強しないまま無職になっても、とりあえずお金を貸してくれるカードローンはありがたい仕組みです。
生活保護を受けるのははばかられるという方は、ぜひカードローンを借りてみましょう。
今すぐお金を借りる方法

今すぐお金を借りる方法

お金を借りるには金融機関に申込みをして審査に通過する必要があります。

審査に通過した後は、金銭消費貸借契約を交わしてから、融資の手続きを行ってもらうという手順になります。

代表的な金融機関としては銀行が挙げられます。銀行は日常生活において身近な存在であることから、安心して利用できるという人が多く見られます。

そのため、お金を借りる場合は特段の事情がないのであれば銀行から借りると良いです。

しかし、銀行からお金を借りる際には審査に時間がかかるというケースが多く見られます。

今すぐに借りたいという人にはあまり適していません。また審査に通った後の金銭消費貸借契約の締結や融資の手続きにも時間がかかり、即日でお金を借りるのは難しい傾向にあります。

そのため、今すぐにお金を借りたいという事情がある人の場合には消費者金融のカードローンを利用すると便利です。その理由は、消費者金融であれば即日で審査を完了させてくれて、キャッシングカードの発行もすぐに行うからです。

また、申し込み方法に関しても多用なやり方に対応しており、今すぐにお金を借りるには最適だと言えます。

まずインターネットからの申込みをすることができるようになっています。

インターネットからが便利

インターネットからが便利

インターネットから申し込む場合には、所定の入力フォームが消費者金融の公式サイトに設置されているので、入力をします。

この作業はほとんど時間がかからないという理由からも、即日でお金を借りたい人に向いていると言えます。

金銭消費貸借契約を締結するには、本人確認書類の提出が必要です。通常であれば運転免許証を用いるのが一般的とされています。また運転免許証は全員が持っているとは限らないため、持っていない人の場合には健康保険証やパスポートなどを用いることになります。

免許証などの写真を撮って送る

免許証などの写真を撮って送る

こういった本人確認書類の提出の方法としてはコピーを取って郵送していたのでは、即日で済ませることはできませんが、多くの消費者金融では画像をデータで提出するというやり方に対応しています。

こういった理由から即日で審査を完了させることができるようになっています。

申し込み手続きが完了すると、早い場合では30分くらいで審査が完了して結果が通知されます。

遅い場合でも2時間もあれば結果が分かる仕組みになっています。そのため、今すぐにお金を借りるやり方としては最適です。

審査通過後

審査通過後

審査に通過した後は、融資の手続きに進みますが、振込とキャッシングカードの受け取りのどちらかを選ぶことができるようになっています。

振込を選んだ場合には、消費者金融側での手続きが即日で完了しても、銀行側の事情により入金が反映されるのは翌日になってしまうケースも見られます。こういった理由からキャッシングカードの受け取りを選ぶと良いです。

カードは郵送で受け取ると必然的に日数がかかってしまうことから、今すぐにお金を借りるには自動契約機を使用して受け取ることになります。

消費者金融の自動契約機は申し込み手続きを行うだけでなく、カードの発行をする機能も備わっています。

最初から自動契約機で申し込み手続きをした場合には、審査に通過した後で、その場でカードを受け取りますが、インターネットから申込みをした場合でも自動契約機でカードを発行できるようになっています。

そのため、審査に通過したら、すぐに自動契約機を探すと良いです。郊外の大きな道路沿いなどに設置されているケースが多く見られます。

また、自動契約機から申し込み手続きをするには、備え付けの容姿にボールペンで必要事項を記入して機会に読み込ませるという手順になります。

入力ミスをしない

入力ミスをしない

記入する事項はインターネットから申込みをする場合に入力する事項と同じ内容です。

やり方は異なりますが、いずれの場合においても同じ内容のことを申告することになります。

また本人確認書類はも同じように機会に読みませる方法で提出します。

自動契約機の場合には、備え付けの受話器を取ると分からないことを質問することもできます。

キャッシングカードを発行してもらったら、コンビニエンスストアを探します。

コンビニエンスストアの店内にはATMが設置されてるため、そのATMを使用してお金を借りることになります。

コンビニなどのATMから借りる

コンビニなどのATMから借りる

ATMはコンビニエンスストアの店内以外の場所にもありますが、コンビニエンスストアは24時間営業しているという理由から、店内のATMを使います。

まず、ATMにカードを挿入します。そうすると、いくつか選ぶ項目が表示されます。

その項目の中から、カードローンというを選びます。暗証番号と金額を入力する画面に移動するので、申し込み手続きをしたときに設定した暗証番号と、借りたい金額を入力します。

そして、確認ボタンを押すと、現金が出て来ます。

こういった一連の手続きは早い場合であれば1時間以内で済ませることが可能です。

そのため、今すぐにお金を借りたい人の場合には、消費者金融のキャッシングを利用するといいということになります。

お金を借りたときの体験談

ヨウコさん・38歳・主婦・女性・埼玉県在住・パートタイマー

お金を借りようと思ったきっかけ

お金を借りようと思ったきっかけ

私がお金を借りようと思ったきっかけは、夫が怪我で働けなくなったことです。
自営業で配送業を営んでいるのですが、腰を痛めて休業することになりました。

廃業するほどでないにしても、収入がなくなることに不安が無かったわけではありません。

借金に抵抗はあったものの、どこが良いのだろうといろいろ調べ、できるだけ初回の申し込み手続きが簡単で審査がそれほど厳しくなく、評判が良いところを探しました。

アイフル、三菱UFJ系のアコムといった消費者金融の大手から、三井住友銀行など個人向けフリーローンを提供している銀行までいろいろあり、なかなか絞り切れずにいましたね。

ただ、専業主婦の場合は配偶者に収入があっても同意がなければNGなところがあったり、逆に同意がなくても借りられたりと、業者によって違いがあるようです。
これを配偶者貸付というらしいのですが、主に銀行系で専業主婦向けのローンを扱っているようでした。

さらに、自分のパート収入があれば何とかOKなど、知識もずいぶんついた気がします。

実際に借りるときに重視した点

実際に借りるときに重視した点

まず、来店しなくても契約できることです。
人目もありますから、店舗窓口にいくことは控えたかったのです。

最近では、大手の消費者金融の多くが来店不要で、平日日中に申込みをすれば、その日のうちに自動契約機で借入れや振込が受けられて便利だなと思う反面、非常に簡単なので少し不安があったことも事実です。

また、初めての契約から30日目までは無利息というところも多いのでその点も考慮しました。
契約締結から一か月以内に返済すれば利息がかかりませんからね。

あとは、しっかりと都道府県に貸金業者としての登録がされている法人ですね。
この点は本当に大切だと思います。

どんな情報や書類が必要だったか

どんな情報や書類が必要だったか

借り入れする金額が50万円よりも多くなると、収入や年収を証明する書類の提出を求められます。
多重申込によって貸し付け総額が100万円を超える場合も同様です。

また、身分証明書の届出もあります。
消費者金融の場合には総量規制にひっかからないよう貸付を行うため、収入によって上限が決まるので、そのあたりの情報が必要なのでしょうね。

ただし、銀行からの借り入れは総量規制に定められた対象とならないので、抜け道になると思います。
※総量規制=平成22年6月18日より実施されている、借金を抑制するための法律

実際の借り入れとその後

実際の借り入れとその後

実際に借りるときに重視した点結局アコムにしたのですが、当初心配していたよりもスムーズに審査が通過しました。
大手なので信用できますし。

土日であっても審査自体は行っていて、平日と比べても全くデメリットがありませんでした。
強いて言えば、口座への振り込みが平日になったことくらいですね。

ただ、これも自動契約機の「むじんくん」でキャッシング用カードを受け取れば、土曜日や日曜日・祝日であっても、お金を貸してくれますので実質デメリットはないですね。

あとは、せっかくなのでクレジットカードも発行しておくことにしました。
詳細な利用情報が書いてある明細書が郵送されてこないので、普通は誰にも借金が分かることはないでしょう。

また、夜間など24時間可能な専用ATMからの返済、提携ATMからの返済、窓口で相談しながら返済、ネットから振り込みで返済と4通りの方法が選べて便利です。

毎回窓口やATMにいくのは大変なので、私はもっぱらネット振り込みですね。
残っている金額を早く返済できるようにがんばっています(笑)。

でも、また生活費が足りなくなったら、カードで新たに借り入れをするかもしれませんね。
ただ、あまりにも金額が大きいと審査が通らないこともあるので、ネットの情報などを参考にして選んでいくことが大事だと思います。

今すぐお金を借りるオススメはこちら

三井住友銀行を使っているなら「プロミス
三菱東京UFJ銀行を使っているなら「アコム
ジャパンネット銀行を使っているなら「ジャパンネット銀行
楽天銀行銀行を使っているなら「アコム
ゆうちょ銀行を使っているなら「アコム
auユーザーなら「じぶん銀行」
どこがいいか迷ったらプロミス

まとめ

①銀行から借りることをまず考える。
②急ぎならインターネットからの申込み
③免許証などの写真を撮って送る。
④審査通過のお知らせもメール。
⑤自動契約機で手続きという方法もある。
⑥とにかく記入ミスをしない。